バリエーション豊富な印鑑

印鑑イメージ

これを読んでいる皆さんは、「印鑑」というと全部でどれくらいの種類のものが存在しているか、ご存じでしょうか。

印鑑には、わたしたちが普段知らないような、実に驚くほどたくさんの種類があって、バリエーション豊富なのです。

わたしたちが、主に個人で使う「印鑑」では、代表的な印鑑として「実印」などが挙げられるでしょう。

○「実印」というのは、役所に印鑑登録を申請して、受理されてから初めて使える「印鑑」となっているものです。

「実印」は、印鑑の中でももっとも重要だとされている「印鑑」で、公正証書や貸借借用書の作成などの時によく使われているのが、現状となっています。
この「実印」という印鑑は、主に個人の間で多く使われているのです。

では、プライベートなどで使われている「印鑑」には、どういったものがあるのでしょうか?
わたしたちが趣味などで使っている「印鑑」には、代表的なものの一つとしては「らっかん印」が挙げられます。

○「らっかん印」というのは、主に姓名印・雅号印などの、総合的な総称とされているものです。

絵画・蔵書などで、よく使われているのが現状となっています。
例を挙げてみれば、自分の作品にサインを書き込んでから、自分の作品を証明する証として、この「らっかん印」が使われています。

作品のサイズによって、「らっかん印」の大きさも違い、それぞれの作品サイズで、「らっかん印」は使い分けられているのです。
「らっかん印」の印材には、主に拓・天然石などが使われています。

〔おすすめ通販サイトご紹介〕

ページの先頭へ